So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アイアンマン2 [映画]

アイアンマン 2.jpg


前作が割とシンプルな作りだったが、本作は少々複雑。
トニーの苦悩、軍との攻防、ライバル会社の陰謀、親の代の復讐劇、アベンジャーズへの序章、と盛沢山すぎて収拾がつかなくなるかと思いきや、すべてがうまく繋がって破綻がないのは評価が高い。
ただ、アイアンマンの苦悩をここまでさらけ出さなくても、とは思う。

アイアンマンの魅力の一つがパワードスーツ。
本作でスーツケースで持ち運びできる携帯用スーツ(マーク5)が装着の仕方もかっこよくて、一番好きかな。

アイアンマンの宿敵として立ちはだかるヴァンコ(ミッキー・ローク)が咥え楊枝なのは何故なんだろう?。
ちっともスタイリッシュではないし、必然性も感じないので違和感大。

それと、アベンジャーズにつながる伏線がいくつかあるが、単品で主役を張れるヒーロ、しかも時代背景が異なるヒーローを寄せ集めた映画は好きではないので、どっちでもいい話。
まあ、文句は多いけど、次作へのつなぎとしては、よくできていると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ダンテズ‣ピーク [映画]

ダンテズ・ピーク.jpg

ボルケーノと同じころに制作された噴火をテーマにしたパニックムービー。
こちらは災害に立ち向かうことはせず、ひたすら逃げ続ける。まあ、噴火を含め、自然災害の前では人間の力など、いかに無力かは数々の大災害が証明している。やはりこんなときは、逃げるが勝ちだと思う。

主人公は地震学者役のピアース・ブロスナンと村長役のリンダ・ハミルトン。
ピアース・ブロスナンはスパイより学者が似合う。

ボルケーノに比べて、荒唐無稽と思われるシーンはほとんどない。
ただ、大人でも運転が大変な災害の中、子供が車を運転して山小屋へ向かうシーンはあり得ないかなと。
また、噴火が起きてから、村長が職務放棄して自分の子供と母親を救うことに終始しているのもいかがなものか。

噴火=マグマのイメージだが、それほど強調されているわけではないので、怖さという点では少し物足りないかな、と思う。真面目なつくりなのだが、ちょっとエンターテイメントの振っているボルケーノの方が好きかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ボルケーノ [映画]

ボルケーノ.jpg

大都市で噴火が起きるという想定外の災害をテーマにしたパニックムービー。

20年ほど前の作品なので、今見ると結構アラが目立つし、科学的にみれば荒唐無稽な設定も、今となってはご愛敬か。
本作の骨格は、災害に対して逃げ惑うだけでなく、人知を結集して立ち向かう様を描いており、程よい自己犠牲もちりばめられていて、感動的でもある。
このような災害時には、正確な判断力と強いリーダシップが必要だが、その役をトミー・リー・ジョーンズが好演している。
この人はこういう役がよく似合う。

どこかの首相にもこの力が備わっていれば、数年前の大災害も、もう少し被害を抑えられたかもしれないと思うと、映画の中とはいえ、うらやましい限りである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ナラタージュ [映画]

ナラタージュ.jpg

説明:弱い男と弱い女のグダグダした話。
全編、ジメッとした感じが、その印象を強くする。
とにかくスカッとする登場人物はでてこないので、観終わった後に疲労感が残った。

途中挿入されるエピソードも、前後のつながりが悪く、唐突な感じですっきりしない。
原作は読んでいないが、ちゃんと収拾しているのだろうか。

ただ、面白いなと思ったのは、工藤泉(有村架純)の心情はかなり表現されているのに比べ、葉山先生(松本潤)の心情はほとんど表現されていないこと。
心情をストレートに出しそうな松本潤に、こういった演技を求めている点は興味深い。

有村架純が時々高畑充希に見えたのは私だけだろうかどちらも良い女優さんだと思うが、その個性が活かされていないように思う。
濡れ場が話題になったが、あまり期待しないほうが・・・。
坂口健太郎はちょっと引く役柄だが、ぴったりと言ったら失礼か。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

スターウォーズ/最後のジェダイ [映画]

最後のジェダイ.jpg

前作は最初のシリーズの面影を引きずった作りで、賛否両論あったが、個人的には懐かしさがあって好きな作品だった。
かつての登場人物の年取った姿と、新たな登場人物の織り成す物語が面白かった。
その続きとなる本作は、判断が難しい。
エピソード4,5,6は登場人物がそれぞれ個性的で、魅力的な設定だったが、前作、本作からの登場人物はそれほど魅力的には見えない。
むしろ、個々の個性を消して、ストーリーに重きを置いた結果ではないだろうか。
それにしても、帝国軍も弱くなったものだなと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

白川大町藤公園 [観光]

藤棚として、山陰随一の規模を誇る白井大町藤公園に行ってきました。
去年はバスツアーで観に行っていたのですが、開花時期が遅れて6~7分咲きだったのでリベンジ。
朝、7時に自宅を出て、9時の開園前に到着。


DSC01398.JPG


DSC01419.JPG


DSC01417.JPG


園内は約7000平方メートルの敷地に総延長500mの藤棚があり、1.5mくらいに伸びた薄紫やピンクの藤や白、八重など、9種類の藤が、まさに満開に咲き誇っていました。
5月中旬まで観れるそうです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

宇宙戦争 [映画]

宇宙戦争.jpg

かなり古い同名の映画を2005年に、スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演でリメイクした作品。
リメイクなので、ストーリはわかっているのに、この二人が制作にかかわっているとなると、何かを期待してしまうが、見事に肩透かしを食らう。
例えば、原作と違って、トム・クルーズが大活躍して宇宙人をやっつけシーンがあるかなと思ったけど、ひたすら逃げるだけ。
まあ、原作もあるし、大幅に結末を変えるわけにはいかなかったのだろう。
という事で、サイドストーリ的に、ダメ親父が息子、娘を守り通して、立派な父親に成長する話にすり替えたと思われる。
それなら、トム・クルーズである必要があったのかな、とも思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

バリー・シール/アメリカをはめた男 [映画]

バリー・シール.jpg

航空会社のパイロットからCIAのエージェントに転身し、麻薬の運び屋としても暗躍した実在の人物、バリー・シールの半生をトム・クルーズ主演で映画化した作品。
結構、ダーティな役柄で、どこまで実際の話だったかは分からないが、こんな破天荒な役はトム・クルーズがぴったりくる。
邦題は「アメリカをはめた男」だが、アメリカにはめられた男に思える。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

名探偵コナン 異次元の狙撃手 [映画]

名探偵コナン 異次元の狙撃手.jpg


TV版に比べて、劇場版は話が大きすぎ、事件の内容も一探偵の扱える内容ではないものが多く、イマイチ楽しめないものがあるが、本作はほどほどで無理なく楽しめる。
コナンもスナイパー相手では、そんなに活躍できないのが、却ってしっくりくるな。
劇場版の中では本作が一番好きかもしれない。
ただ、日本なのに、街中で手りゅう弾を投げたり、機関銃を乱射したり、と、行き過ぎた描写はアニメとしてどうかと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

私をスキーに連れて行って [映画]

私をスキーに連れてって.jpg

1987年の映画だが、ホイチョイ・プロダクション特有のスピーディで、バブリーで、ライトな作風は今見ても全く古臭くない。
主題歌、挿入歌で使われているユーミンの楽曲も雰囲気をうまく盛り上げていて、何回見ても飽きない。
その一方で、当時の世相を知る者には、懐かしさも感じられる。
ホイチョイ作品はその時代の最先端アイテムを登場させたり、スキー場を車で疾走したりと、随所にギミックを配置していて、ストーリ以外にも楽しめる要素が多い。
まあ、ストーリは大した話ではないが、、、
まさにエンターテイメントと言える作品だと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画