So-net無料ブログ作成

アイ・アム・レジェンド [映画]

アイ・アム・レジェンド.jpg

ガンの治療薬が人類を滅ぼすほどのウイルスに変異し、ごく少数の免疫を持つ人を除いて、全世界の人口のほとんどが死ぬか、ダーク・シーカーと呼ばれる怪物になってしまう。
免疫を持つ人で、ダーク・シーカーの治療薬を開発しようと、ダーク・シーカーと闘いながら孤軍奮闘する科学者のネビルをウィル・スミスが演じている。
ネビルは3年もの間、愛犬と暮らして実験を繰り返していたという設定だが、水道、電気などのライフラインが生きているのは何故かな?
「アイ・アム・レジェンド」というタイトル(原題も同じ)も、1人称なので、自分で自分のことを「伝説」と言ってしまうのは何故かなと思ったが、ラストで何となく理解できた。
ネタばれになるので、これ以上は書かないけれど、なかなか意味深なタイトルではある。
中盤まで描かれる圧倒的な孤独感と、愛犬との別れは胸を打つものがある。
ウィル・スミスはコミカルな役もシリアスな役もこなせて、いい役者だなと改めて思いました。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。