So-net無料ブログ作成

散歩する侵略者 [映画]

散歩する侵略者.jpg

設定がゆるゆるすぎて、なんとも言えない作品。
例えば、
宇宙人が攻めてくるというのを、地球人側がどうやって知りえたのかわからないまま話は進行する。
宇宙人に立ち向かうのは自衛隊ではなく、極々少人数の厚労省の役人。
地球人なのに爆撃機からの爆弾が至近距離で被弾してもなかなか死なない。
爆風で掘られた地面の穴は洗面器程度でしかない。
などなど、コメディみたいな設定でありながら、笑いの要素はなく、とても真面目に作られている。
前に観た黒沢作品も、細かいところには拘っていない感じだったので、これが作風なのだろうか。
その一方で、いかに人間が概念に支配されているか、とか、愛について考えさせられる作品ではあった。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

サンフランシスコ人

2018年9月30日にサンフランシスコの日本町の映画館で上映..

http://www.jffsf.org/2018/before-we-vanish/
by サンフランシスコ人 (2018-08-27 03:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。