So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ ブログトップ

翳りゆく夏 [ドラマ]

翳りゆく夏.jpg

赤井三尋の小説ドラマ化。
20年前におきた新生児誘拐事件の犯人の娘が新聞社の記者に採用されることが週刊誌にスクープされる。
新聞社は入社辞退を避けるべく、事件の再調査を開始するところからドラマはスタートする。
原作を読んでいても、最後まで目が離せない、なかなか骨太なドラマ。
キャストもかなり豪華。
渡辺篤郎はちょっと軽いかな、と思ったが、途中からその違和感はなくなった。
最後にすべての結末を観せるのではなく、観た人にいろいろ想像させる余韻のある終わり方がよかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ版 永遠の0 [ドラマ]

永遠の0 ドラマ.jpg

映画版に比べ、3倍ほどの長さなので、さすがに丁寧に作られているが、ちょっと冗長に感じた。
その分、細かい心理描写は原作に近い感じか。
半面、映像的には映画版のほうが迫力がある。
特に零戦は張りぼてのようで、興ざめだった。
配役は、個人的には映画版のほうがしっくりきた。
映画版が先にあって、興行的にも成功しているのに、ドラマ版を作る意味が分からない。
逆なら、さらにお金をかけてより良いものを作るという意味で理解できるのだが。

タグ:永遠の0
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

グーグーだって猫である 2 [ドラマ]

グーグーだって猫である 2.jpg

何ということもない日常が穏やかに流れていくドラマ
嫌な人物が一人も出ない作品は見ていて気持ちが優しくなる。
「紙の月」の宮沢りえはとても自然な演技で主人公を演じていたが、本作は少し作りすぎかな、と思える部分もあるけど、却って主人公の、ちょっと人と違うところをうまく表現していると思う。
ただ、大学時代を演じていた中村ゆりかとは、イメージがダブらなかったかな。
前田敦子は一見、不自然に見える演技をすると思っていたが、今ではそれが持ち味となって、独特の存在感を出す女優さんになったな、と思う。
原作も、映画も、ドラマ版のシリーズ1も観ていないが、十分楽しめました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

64 - ロクヨン - [ドラマ]

64.jpg
映画版が結構話題になったので、まずは原作を読み、ドラマ版を視聴。
最初、映画版に比べて配役が地味かな、と思ったが、変な色がついてなく(私が知らないだけ?)、ドラマに集中できた。
ドラマ版は原作に忠実に撮られていて、ストーリーを知っていても感情移入できるくらい、よくできている。
放映時は視聴率は芳しくなかったようだが、NHKらしい、良品のドラマに仕上がっていると思う。
さて、豪華配役の映画版を観たらどんな感想になるのだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドラマ ブログトップ