So-net無料ブログ作成
検索選択

リンカーン/秘密の書 [映画]

リンカーン/秘密の書.jpg

リンカーンが奴隷解放を成し遂げたという史実は誰でも知っていることだが、その時代、ヴァンパイアが存在し、奴隷を使って勢力を伸ばしつつあったという設定で、最初はヴァンパイア・ハンターとして、のちには大統領としてヴァンパイアと戦うリンカーンを描いた映画
実在するリンカーンとフィクションのヴァンパイアという、本来なら組み合わさるはずがないものを組み合わせるという着想は面白いと思って観た。
リンカーンの生涯を描いているので、何しろ展開が早い。
だから、若きリンカーンが、あっという間にヴァンパイア・ハンターに成長するし、あっという間に大統領に就任するので、その間のプロセスは結構粗い。
まるで、テレビ版で短縮されているような感じがした。
人物像もあっさりと処理している。
まあ、主人公のリンカーンは誰でも知っているので細かい描写は不要ということか。
その一方で、戦闘シーンは迫力満点なので、アクション映画として観れば面白い。
ただ、ヴァンパイアと奴隷の関係性が薄いので、ヴァンパイアと戦うのがリンカーンである、という必然性は感じられなかった。

ワルキューレ [映画]

ワルキューレ.jpg


史実を題材にした映画
この主人公はドイツでは英雄視されているらしいが、なかなか日本ではわからないことなので、とても興味深い。
ヒトラー暗殺計画という重いテーマにもかかわらず、トム・クルーズが演ずると暗くならないのもよかった。
ただ、個人的な感想としては醬油味といってもよいほど、薄味な印象。
暗殺計画自体、緻密に練られたという感じではないし、その後の反乱計画も行き当たりばったりな感じがした。
また、トム・クルーズが演じた主人公一人が奮闘した感が否めない。
そもそも、ヒトラーの暗殺が大前提の計画なのに、死亡確認もしないうちに計画発動しているのもどうかと思う。
まあ、史実に基づいているので、それが事実なのかもしれないが。