So-net無料ブログ作成
検索選択

グーグーだって猫である 2 [ドラマ]

グーグーだって猫である 2.jpg

何ということもない日常が穏やかに流れていくドラマ
嫌な人物が一人も出ない作品は見ていて気持ちが優しくなる。
「紙の月」の宮沢りえはとても自然な演技で主人公を演じていたが、本作は少し作りすぎかな、と思える部分もあるけど、却って主人公の、ちょっと人と違うところをうまく表現していると思う。
ただ、大学時代を演じていた中村ゆりかとは、イメージがダブらなかったかな。
前田敦子は一見、不自然に見える演技をすると思っていたが、今ではそれが持ち味となって、独特の存在感を出す女優さんになったな、と思う。
原作も、映画も、ドラマ版のシリーズ1も観ていないが、十分楽しめました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

死刑台のエレベーター [映画]

死刑台のエレベーター.jpg

ちょっと、いや、かなり残念な映画
登場人物の人物像が明確ではないので、行動の動機が良くわからない。
吉瀬美智子と阿部寛は愛人関係にあるのだが、殺人を犯すほどの動機がどこにあるのだろうか。
殺人計画も、お粗末と言わざるを得ない。
玉山鉄二と北川景子の関係性もよくわからない。
玉山鉄二は警官なのに行動が馬鹿な若者でしかない。
それについていく北川景子も何を考えているのやら。
そのほか、随所に偶然に頼った展開も興ざめ。
結構いい俳優さん使ってるのに、もったいないな。
唯一救いは、北川景子が可愛すぎることかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画