So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

メッセージ [映画]

メッセージ.jpg

全編、重く、暗いトーンのSF映画。
宇宙人との接触を描いているのに、さしたる緊迫感も、緊張感も感じられない。
物語と回想シーン(実はそうではなかったのだが)が交互に映されるので、何を伝えたいんだろうと思っていたが、最後になって、とても大きな意味があることが分かり、ちょっと感動した。
ただ、宇宙人の造形は、新鮮味がなくてダメ。
地球に来た理由も不明。
人類にあることを伝えにきたことになっているが、何故それを伝えようとなったのかはわからない。
地球をずっとモニタリングしていたとでもいうのだろうyか。
個人的には、ちょっと苦手な映画でした。
タグ:メッセージ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Seventh Code [映画]

Seventh Code.jpg

映画としては、結構アラが目立つ。
例えば、
・組織の人間と思われるのに、素人に後をつけられても気づかないって、マヌケすぎ。
・一般人のコックに、簡単に核兵器の部品を隠し持っていることがバレるって、これもマヌケすぎ。
・組織外の人間なのに、アジトのドアや金庫の暗証番号を知っているのはなぜ?
・格闘中に銃を発砲(サイレンサーなし)しているのに、階下にいた仲間が気づかないのはおかしいでしょ。
・手に入れた大金を、人通りのありそうな道端で紙袋からバックパックに移すって、不用心すぎるでしょ。

とまあ、おかしなところは多々あるが、楽曲のプロモーションビデオとしては、よくここまで撮ったなと思う。
全編ロシアで撮影したとのことだが、有名な場所が一切出てこず、どこにでもありそうなロケーションなんて、とても贅沢な感じでいい。
この映画(PV?)は前半50分と、ラスト10分のギャップがすべてかな。
最後、爆発したのはダイナマイトを積んでいたトラックか、その後ろを追っていた車か?
深読みかもしれないが、アイドルを卒業した前田敦子の将来が、逃げおおせる(=成功する)のか、爆死なのか、謎掛けているように思った。
爆発直前に、「ニヤッ」と笑っていたように見えたので、前者かな?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

本能寺ホテル [映画]

本能寺ホテル.jpg

タイムスリップがテーマの映画は、「戦国自衛隊」、「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」、「テルマエロマエ」、「信長協奏曲」など、邦画でもいくつかある。
大抵は主人公がタイムスリップした先の時代で活躍するのだが、本作は主人公は何もしない。
その代わり、過去と現代で体験したことに影響を受けて自分自身の生き方が変化するところが本作のみどころか。
とはいえ、淡々と現代と過去を行ったり来たりするので、ちょっと盛り上がりに欠けるかな。
深く考えずに、綾瀬はるかを存分に楽しむ映画です。
ついでと言っては失礼ですが、堤真一の信長は凛としていてかっこよかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SP 革命篇 [映画]

SP 革命篇.jpg


野望篇、革命前日と盛り上がってきた完結編だが、どうもしっくりこない。

そもそも、議員の悪事を暴くことで革命は成就するのか?
多分、現政権は総辞職するだろうし、黒幕に思えた幹事長も、経歴詐称がありそうなので失脚しそうな感じがするので、リセットはされるだろうが、革命とは言えないのじゃないかな。

尾形からみれば、革命という名を借りた個人の復讐じゃなかったのか? と思えてしまう。
さらには、本当の黒幕がいそうだが明らかにされずに終わってよいのか?
そのほか、いろんな謎が解決されないまま終わってしまったが、まあ、現実社会でもすべてが明らかにされずに幕引きされることはよくあるので、こんな終わり方もあるのかな、と思う

とは言え、それなりに面白い映画でした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SP 革命前日 [映画]

SP 革命前日.JPG


革命篇の前日を描いたTVドラマ作品。
観なくても革命篇にはつながるが、いろんな伏線が描かれているので、観て損はない。
SPの休日でもある一日という設定だが、結構、緊張感漂う展開で、これはこれで十分に楽しめた。
事実かどうかわからないが、SPの人たちが私生活を犠牲にしていあるところが垣間見えて、結構リアルに思えた。
革命篇に向けて、期待感を高める役割は十分にはたしていると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SP 野望篇 [映画]

SP 野望篇.jpg

好評を博したドラマの映画化は、往々にして残念な結果に陥ることが少なくないが、本作はかなり良くできていると思う。
リアリティに欠ける描写がいくつかあるが、全体を通じてスピード感があるため、それほど気にならない。
それにしても、岡田准一はアイドル歌手ではなく、アスリートだな。
特に、冒頭のパルクールのような追跡シーンは何回見てもドキドキする。
ドラマ版に比べて、岡田准一は人間離れしている気もするが、許容範囲か。
前編、後編に分かれている映画は、前編が中途半端に終わることも多いが、後編への期待感を持って観終わることができる作品です。
ただし、ドラマ版未視聴の方は経緯が分かりにくいので、ドラマ版を観てからご覧ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

LA LA LAND [映画]

La La Land.jpg

興行的に大成功したミュージカル映画。
アカデミー賞の多くの部門を受賞しているのだが、個人的には、はまらなかった。
最大の理由は、ミュージカル映画なのだろうか? という疑問が最後まで消えなかったから。
ミュージカルと思わなければ、夢に向かってもがき苦しむ若者を描いた上質な(しかし平凡な)ドラマだと思う。
ただ、夢を掴むためには、何かをあきらめなければならないというのは、あまりに現実的で、エンターテインメントとしてどうかなとは思う。
いわゆるミュージカル映画と比較するのは野暮なことで、今風のミュージカルとはこうなんだ、という事なのかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

GANTZ PERFECT ANSWER [映画]

GANTS `Perfect Answer.jpg

1作目と本作で、設定が変わっていて違和感を感じる点がいくつかある。
ネタバレしない程度に書き出すと、
  • 1作目は近未来的な武器がメインだったが、本作は刀がメインで時代的に逆行している感じがする。
  • 星人とのバトルは、1作目は異次元みたいな設定なのに、本作では現実世界になっていて、何故変えたのだろうと思う。
  • そのせいか、星人も1作目では明らかに人間ではないが、本作では人間と同じ外見である。

その他の不明な点ということでは、刑事の重田の役割が不明。
コミックにはないキャラクタとのことだが、わざわざ追加した理由がわからない。
山田孝之をキャスティングしたかったからか?
とまあ、文句ばかりを先に述べましたが、地下鉄内でのバトルシーンはよかった。
「PERFECT ANSWER」というタイトルだが、ほとんどの疑問には答えが出ていない。
あくまでも主人公にとっての「最適解」ということなのだろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

GANTZ [映画]

GANTZ.jpg


前にGANTZを観たときに興味を持って原作のコミックを読んだが、途中で挫折してしまったくらいのエロ、グロ、不可解さは微塵もない。
二宮和也を主演に持ってきたことから、女性客がメインターゲットなのかもしれないが、二宮のガンツスーツ姿は華奢すぎて強そうに見えない。
まあ、華奢に見えても強いということで、ガンツスーツの効果絶大とみるべきか。
唯一、エロっぽいシーンが夏菜の全裸シーンだが、ヌードになる必然性がないのが悲しい。
そういう意味では、いろんな人が楽しめる作品にはなっている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

海賊とよばれた男 [映画]

海賊とよばれた男.jpg


出光興産創業者の出光佐三をモデルとした小説の映画化。
俳優陣は豪華で、主役級の堤真一や綾瀬はるかをチョイ役に毛が生えた程度で使っている。
このような使い方は、個人的には好きだな。
ただ、映画としては良くできているとは思うが、タイトルにあるような「海賊」を彷彿させるような剛腕の印象は薄い。
いろんなエピソードが詰め込まれたせいか、一つ一つのエピソードが薄く、全体として主人公の剛腕で乗り切った感がない。
みんなで頑張ったらできちゃった、的な印象が残った。
そもそも、その「頑張った」も、今の時代なら決して褒められたものではなく、時代背景ありきなので、あまり美化しないほうがよいかなと思った。
もう一つ、これを書いていて気が付いたが、主人公の岡田准一はだんだん老けたメイクになっていくが、他の出演者の変化はあまり感じなかったな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -